よしだクリニック|内科・呼吸器内科・糖尿病内科・内分泌代謝内科

2022年9月 開院予定

奈良県 葛城市 西室
吉本整形外科外科病院斜め前

よしだクリニックは、院長(総合内科専門医・呼吸器専門医)、副院長(総合内科専門医・糖尿病専門医・指導医)の2名の医師で診療いたします。

呼吸器疾患(気管支喘息、COPD、睡眠時無呼吸症候群、慢性呼吸不全、肺炎など)、生活習慣病(糖尿病・高血圧・脂質異常症など)、内科疾患全般(慢性腎臓病、循環器疾患、内分泌代謝疾患など)の診療を行います。成人・小児の予防接種、健診も積極的に行う予定です。

地域の皆様に安心で適切な医療をご提供できる、専門性の高い総合内科診療クリニックを目指します。

オープニングスタッフ募集

Recruit

地域の皆様に信頼されるクリニックを一緒に作り上げていきましょう!
スタートラインがみんな同じだから安心して働けます。

求人情報

診療について

Medical Information

診療時間

診療時間
午前診療
9:0012:30
午後診療
15:3018:30

木曜日、土曜日午後、日曜日・祝日

予防接種(小児):水曜日・金曜日 14:30 ~ 15:30

診療内容

主な診療疾患

風邪、上気道炎、肺炎、気管支喘息、
糖尿病、脂質異常症、高血圧症、慢性腎臓病、循環器疾患

クリニック情報

Clinic Information

Googlemapで見る

Googlemapで見る

所在地

〒639-2103 奈良県葛城市西室191-2
(吉本整形外科外科病院斜め前・奈良文化幼稚園南側・介護老人保健施設ぬくもり葛城北側)

自家用車・タクシーでのアクセス

電車でのアクセス

バスでのアクセス

葛城市公共バス(れんかちゃん号)

院長紹介

Doctor

院長 吉田 真教

(よしだ まさのり)

このたび、よしだクリニックを開院させていただくことになりました、吉田真教と申します。
これまで勤務医として、呼吸器疾患を中心に内科・救急診療に従事してまいりました。

呼吸器疾患としては、肺癌、気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)・肺気腫、結核・非結核性抗酸菌症、種々の疾患による慢性呼吸不全の患者様の診療に携わらせていただき、終末期の緩和ケアにも従事してまいりました。
また重症呼吸不全、重症感染症や外傷診療にも携わらせていただきました。

その後、家庭医療を学ばせていただく機会をいただき、通院困難になった患者様の糖尿病・高血圧・脂質異常症といった生活習慣病の管理や、認知症・褥瘡のケアにも携わるなかにおいて、患者様の療養を支えることは、医師一人で到底できるものではなく、ケアマネージャーや訪問看護師をはじめとする多職種での連携の賜物であることを実感いたしました。
また、患者様の様々な意思決定に立ち会う中で、その決定の背景を理解し、患者様の立場で病気を捉え診療することが、かかりつけ医に求められていることであると感じました。

ゆかりある奈良の土地で、総合内科専門医・呼吸器専門医として内科疾患全般についてよりよい医療を提供するとともに、患者様一人ひとりの抱える背景の違いにも留意しながら、健康でその人らしく幸せに生きることを少しでもサポートできればと思います。

資格・役職

主な経歴

平成20年高槻赤十字病院 研修医
平成22年大阪赤十字病院 呼吸器内科 専攻医
平成24年大阪赤十字病院 呼吸器内科 医員
平成28年大阪市立総合医療センター 初期急病診療部(救命救急部兼務) 医員
平成30年奈良県総合医療センター 救命救急センター 医長
平成31年奈良県総合医療センター 呼吸器内科
おひさま会やまぐちクリニック・おひさまクリニック西宮
令和 4 年よしだクリニック開院

副院長紹介

Doctor

副院長 吉田 陽子

(よしだ ようこ)

はじめまして。よしだクリニック 副院長の 吉田 陽子 と申します。

私は内科全般(特に糖尿病診療)を専門としております。糖尿病治療の目標は、合併症を予防し健康な人と変わらない生活の質を維持することですが、患者様が「何も起こらないのが良いことだ」と実感するのが難しい側面があります。通院の度に「この食べ物はだめ、あの食べ物もだめ」「運動もしなさい」と指導され、時には痛みを伴う自己注射もしなければならず、治療費もかかるとくれば、当然のことながら通院を中断される患者様もいらっしゃいます。

しかし私は病院勤務時代に、糖尿病が原因で心筋梗塞や脳梗塞を発症したり、足病変で切断せざるを得なくなったり、高血糖による急性合併症で入院される患者様を診療しながら、このような事態になる前に何か出来たのではないか、その方法を誰かが伝えることが出来たのではないか、という思いを常に抱えていました。

このように、糖尿病合併症を未然に防ぐことの重要性を痛感しつつも、一方で、数値(HbA1c)のみを目標とした厳格なコントロールは、患者様の生活の質(QOL)を低下させる可能性があり、御年齢や患者様を取り巻く環境、抱えている心の悩みに耳を傾けながら診療することの重要性も実感いたしました。

我々の切なる願いは、患者様のQOLをできるだけ損なわずに、糖尿病をはじめとした基礎疾患を良好にコントロールすることで、健康で幸せな人生を過ごしていただくことです。

今後、総合内科専門医として、糖尿病専門医・指導医として、常に最新の知見を取り入れ、地域に根ざしたクリニックを皆様とともに作り上げていきたいと考えております。

資格・役職

主な経歴

平成20年大阪市立総合医療センター 研修医
平成22年大阪市立総合医療センター 代謝内分泌内科 レジデント
平成24年大阪市立総合医療センター 糖尿病内科(内分泌内科兼務)
平成30年八尾徳洲会総合病院糖尿病内科・白岩内科医院にて勤務
令和元年吉本整形外科外科病院・八尾徳洲会総合病院糖尿病内科・白岩内科医院にて勤務
令和4年よしだクリニック開院
 
このページの先頭へ